メンズ

自己負担すべきか確認を

一軒家

持ち家のインターホンが壊れた場合の修理費は自己負担となります。料金は1万5千円前後が相場となっており、取付工事を行った業者に依頼すると安く工事してもらえることが多くなっています。分譲マンションの場合は、管理組合規定を確認して修理費を誰が負担するのか確認します。

おすすめ関連リンク

  • 信和興業

    プロがきちんとした対応を行なってくれるので、マンションでインターホンを活用したいと感じているならこちらからとなりますよ。
  • インターホン工事・取替110番LP

    インターホンの交換はこちらを利用するといいでしょう。すぐに取り換えてくれますよ。最新式のものも揃っています。
  • インターホン工事・取替情報サイト

    インターホンを交換したいならココから!すぐに見積もりをすることができますよ。まずはチェックしてみよう。

セキュリティ対策に

男性

マンションには、セキュリティの高いインターホンの導入が必須です。生活を便利にする機能と安全を備えたインターホンは、毎日の生活で大変役に立ちます。新しい機能を持つ最新型のインターホンを利用することで、安心して生活ができます。

集合住宅のドアホン

レディ

業者に依頼することが大切

マンションのインターホンは使用して10年を過ぎると故障が多くなるため、業者に依頼して交換してもらう時期になります。一戸建て住宅に取り付けるインターホンと比べて、マンションに取り付けるインターホンはシステムが複雑なので、個人で取り付けることは難しいです。一般的にマンションのインターホンは管理室に親機があり、エントランスに集合玄関機があります。そのため部屋のインターホンを交換するには、マンションで使われているシステムと同じ種類の製品を取り付けます。個人でマンションで使われているインターホンと、同じ製品を購入することは大変ですし、トラブルの原因になります。業者に依頼すればマンションで使われているインターホンと、同じ機種を取り付けてもらえるため安心して使えます。業者は多くの製品を取り扱っているため、交換するときには自分の気に入ったインターホンを取り付けられます。業者が扱っている製品は最新のタイプが多いため、画面が大きく解像度が高いため、目の悪い人でも来客者の顔をしっかり確かめることができます。また業者は録画機能付きのインターホンも取り付けを行っているため、外出時に誰かが訪ねてきても安心です。マンションは一戸建てと比べて設備がシステム化されているため、個人で設備を交換すると他の設備まで影響がでるリスクが少なくありません。業者に依頼してマンションのインターホンを交換してもらうことで、他の設備に影響がでる心配はないです。

DIY可能か確認を

インターホン

インターホンは、録画機能がついているものが安心です。電源プラグコードがついているタイプは、自分でも交換可能ですが、資格を持つ人でないと交換できないタイプもあります。インターネットで無料で見積もりがとれるので、事前に問い合わせましょう。